印刷の種類

チラシ印刷とはチラシを印刷することであるが、大量に印刷をし、情報を伝達する手段である。

情報を伝達する手段としては3つの手法がある。

直接的に配布をするやり方で、個人宅やビルなどに直接ポスティングしていく手法がある。

街中で、もしくは駅前などの人通りの多い場所で直接配布していく方法もある。

折り込みチラシと呼ばれるもので、スーパーマーケットの特売情報を新聞に折り込む手法がある。 来店客に購入した商品と一緒に渡す場合もある。

チラシ印刷とは関係ないが、インターネット上で配信するデジタルチラシとして行う企業もある。
張り紙をすることでビラと呼ばれることがある。 人が多く集まりやすい場所をターゲットに、チラシまたはフライヤーを置き、もらってもらうやり方もある。

フライヤーやチラシ、ビラにはそれぞれ呼び名の由來が存在しているのはしっていますか。
時代によって、ビラと言ったり、チラシといったり、フライヤーと呼ばれたりするが、同じ物を指す。

チラシ印刷のチラシは散らすから呼ばれるようになる。
ビラは、片から呼ばれるようになり、政治などの宣伝に使われ、用紙は薄く、単色で印刷されることが多い。 フライヤー印刷で作成されたフライヤーは、上空の飛行機からばら蒔かれる手法から呼ばれるようになった。