版式の種類について

有版式には4種類あり凸版印刷、凹版印刷、平版印刷、孔版印刷にわかれております。

凸版印刷は、版の凸部分を使う印刷の一つです。
凹には非画線部を、画線部には凸にし、凸部分にインクを付けて用紙に転写するやり方です。 凹凸を組み合わせて、印刷するのが活版印刷です。 印刷の時、圧力で凹凸が紙にできることがある。 マージナルゾーンと呼ばれるインクの漏れにより、実際の太さより線幅が太くなる特徴がみられる。
現在は扱いが難しいということで、活版印刷は廃れた。
凸印刷は現代において主流に行われている印刷である。 凸印刷は、樹脂凸版印刷もしくはフレキソ印刷です。 樹脂凸版印刷とは、感光性樹脂を活版の代わりに使用するものでシールやラベル印刷、モノクロページで使用。 週刊誌のモノクロページは平版オフセット印刷される。 感光性樹脂やゴム版を利用し、アニロックスロールと呼ばれるローラーを使うフレキソ印刷というものがある。

アニロックスロールとは、表面に凹みを彫刻し、凹部に入ったインキを版に入れていくものです。
キスタッチと呼ばれる、印圧がほとんどない印刷が理想とされ、段ボールなどの印刷に利用されている。
凸版印刷とは逆に、凹部に付いたインクを紙に転写をしていくのが凹版印刷という。